小さなしあわせの花

〜かわいいは正義である〜

Welcom to Sexy Zone in代々木

 

 
 4月の23日24日、代々木第一体育館で行われたWelcom to Sexy Zoneコンサート
 
 
 
 
とりあえずSexy Zone 最高』の一言です。
 
 
 
ファンの数に対して明らかに小さいアリーナで、尚且公演数が少なく、5人の再出発のライブということでプレミアムチケットとなった代々木公演でしたが、心優しい友人がチケットを確保してくれたおかげでSexy Zoneの晴れ舞台の門をくぐることが出来ました。
 
今回はSix TONESの田中樹くん、松村北斗くん、高地優吾くん、森本慎太郎くん、Princeの岸優太くん、神宮寺勇太くん、岩橋玄樹くんの計7人のJr.をメインとして、代々木ではちびジュも付いてくれてました。
散々Jr要らない要らないと言い続けて来た私でしたが、HIHIJetやclassmate Jが付いてくれたことに不快感は全く無く、楽しみでもありました。5人のSexy Zoneであることがこんなにも安心出来るんだな…と実感。
 
今回は曲中のメモや双眼鏡はしませんでした。TwitterのTLで流れてくるセトリや衣装のお話しや闇写真もなるべく目を通さないように避けていた分、新鮮で、また違って楽しめました。
中でも、聡マリのSweetyGirlは予想を遥かに超える可愛さでした。聡ちゃんの衣装は基本的に茶色がメインカラーで、もこもこのフード付きパーカーにくまさんがゴロゴロ付いていて、第一声は「うおっ」でした。胸、腕、背中、あっちこっちに付いてるクマちゃんたちが聡ちゃんのお友達に見えて仕方なかった、、。フードにはクマの耳を付けて、靴にもクマちゃん引っつけてたのには笑いました(笑)中にはチェックのシャツにベージュの蝶ネクタイ、ズボンはチェックのサムエルでした。ピンクと白のらせん状模様のスティック持って踊っていて、君はクマ遣いなのか!!!と突っ込みたくなるほど可愛かったです…(死)
 
マリちゃんはピンクがメインカラーの衣装で、アリスに出てきそうな感じ!!アリウス〜!!(黙ります)
真っピンクの肌触りが気持ちよさそうな生地のロングジャケットに聡ちゃん同様クマちゃんくっつけてたけど、ピンクのクマちゃん……なかなか怖かった……(笑) ピンクのボールを持ちながら、薄ピンクのタイトズボンに更に薄いピンクのシャツを中に着て、茶色のようなベージュのようなハットを被っててほんとにアリスの帽子屋さん…。
聡マリちゃんの個性的な衣装の上に可愛らしいSweetyGirはいかにもおとぎ話のような世界観でした。
 
可愛い!!
とにかく可愛い!!
動くだけで可愛い!!
 
くっついてるクマちゃんがゆらゆら揺れて、マリちゃんはボールをぽーんって、聡ちゃんはスティックをくるくる〜って(語彙力)
 
 

 

オープニングの衣装はカッコよかった、、、
銀と黒と赤のゴッツイギラギラ衣装、、、(伝わらない)
風磨くんがポリスみたいなキャップ被ってて、しかも被り方がちょい左前斜めで…(涙)人差し指でくいって上げてふって微笑むもんだからマイハート撃ち抜かれました…。今のゴールドっぽい髪色にストレートの短めのスッキリした髪型がベストマッチ!風磨くんの衣装だけジャケットの下に足首の上辺りまであるヒラヒラが付いていて、ターンしたり立ち位置移動したりする度にふわって広がるのが凄く綺麗でカッコよかった。風磨くんだけのために作られた衣装だと思うと口元ゆるゆるでした。衣装さんありがとうございます!!!!
次の曲に入る時、みんな上着を脱いで半袖になるんですけど、風磨くんはジャケットと帽子を取ったかと思ったらフードをズボって被り始めて、(うわぁ〜それ私が大好きなやつ〜!!ダメ〜!!)死にかけました。ちょっと深くかぶり過ぎたのか、フードが大きくて前を向いても顔がすっぽり隠されてて、限度分からなくてやり過ぎちゃう5歳児かよ!!!と心の中に留めておきました。
 
 
 
 “和 × Sexy Zone
 
 和を基調とした、健人くんと勝利くんのカップリング曲「New Day」
健人くんは青、勝利くんは赤の着物をイメージした和風衣装で登場。歌いながら和太鼓を叩き、殺陣をする2人は日本男児そのもの。あまりの迫力とカッコ良さに鳥肌が立ちました。
曲始まりの前にマリちゃん、聡ちゃん、風磨くんが和のコーナーでそれぞれのダンスを披露してくれました。
マリちゃんが藤の花を持ち、華麗な踊りを魅せてくれました。表情や踊りのしなやかさは、一年前とは全く違って、色気パなかった、、。
聡くんは般若のようなお面を付けてダンスを披露していました。お面を取った時の色っぽくて妖艶で、訝しさも感じさせる聡くんの表情に見惚れてしまうほどでした。
風磨くんの大きな扇子を使っての踊りは素敵でした。扇子をくるくるする時、フードかぶってロングジャケットがまたまたふわっと広がっていくの最高…。風磨くんと扇子のチョイスさすがかよ、、って思ってたら扇子と仮面とお花で扇子の押し付け合いだったと聞いて笑ったよ。セクゾちゃん最高だよ。
“和”とセクゾちゃんって最強だからもっと推して行ってもいいけど小出しにして焦らしてくるのも良い!!浴衣とか着せてあげたくなっちゃうよね〜!ちびーずはヨーヨー、ふまけんには金魚すくいさせたくなっちゃうよね〜!ふまけんでどっちが多く救えるか競争して、結局、器用な風磨くんが勝手悔しがる健人くんが「もっかいやろうぜ」って何回も勝負をかけて…の繰り返しで後ろからふまけんを見守るちびーずちゃんたち。ってゆうのどっかに転がり落ちてませんかね……
 
 
 

何の曲だったっけ…マリちゃんがキャップ被って踊り歌っててめちゃくちゃ惚れました…。

身長も大きくなって、体つきも大人になって、キャップ被ると全然子供っぽくなくて凄くカッコよかった。私が知らないマリちゃんだった。キャップで顔が隠れてて微妙に見えない感じがまたカッコよくてお強かったマリウス様

 

「Love Confusion」ではセンターステージで5人が白い椅子を使っての演出でした。大人っぽくて、今のSexy Zoneに凄く似合ってました。椅子を円にして向かい合って歌うSexy Zoneが柔らかくて好き。

そのままEasy come〜になり、椅子から白のハットの演出に変わって、中盤辺りでハットをブーメランのように客席に投げて戻ってくるんだけどワイヤーで繋がれてたのシュールすぎました。ハットの被り方が、

勝利くん→女優帽

マリちゃん→深めに可愛らしく

ふまけん→斜めに被るテクニシャン

聡ちゃん→ちょい後ろに緩くポンって

それぞれ被り方に違いがあって面白かったです。いい意味でバラバラな個性のセクゾちゃんってやっぱり最強なんだよな…

 

 

・ Electric Shock

友人から「期待しない方ががいいと言われていたので、絡みはないものだと思って見ていました。確かに絡みは全くなくて、対象的に踊り続けていましたが、線対象な感覚で良かったです!!(←線対称的なの大好き)

私も初めはベタベタふまけんふまけんしてくるかなーと思っていましたが、感電しそうでしない、その焦らす距離感がなんとも言えない良さがあってぐっときました。

 

 

Last winter's night

勝利くんがファンの人へ向けて書いたソロ曲 

初めて聴いた時、泣いてしまった方もいるのではないでしょうか。橙色のロングコート着て黒のアコギで弾きながら歌っていました。

 

“笑顔を見せることより  泣くことをやめよう”

“悲しい声の中で  悔しい思いもした”

 

誰よりも5人のSexy Zoneが大好きな勝利くんの歌詞一つ一つが胸に沁みて、肩をすくめて眉間にしわを寄せながら歌う姿が今でも脳裏に浮かびます。私の席から見えた勝利くんの後ろ姿は、華奢な筈の背中がどこか広く見えて、この背中がSexy Zoneを引っ張ってくれているんだな…と。

紙吹雪や銀テープの代わりに降ってきたのは白い羽でした。舞い散る白羽と勝利さん神々しかったっす、、。
1000回よりも1回の大切さが分かっている勝利さんは永遠の0番センターだね。
 
 
 
 
But…
 
始まりは携帯のバイブ音から。
携帯の画面が映り、充電は37%
 
“Hey,Baby…”
“let make this the end”
(これで終わりにしよう)
___涙を堪える吐息
“good bye”
___鼻をすする声
___ツーツー
“ But… ”
 
「But…」の囁きからイントロに入る構成天才かよ、、、
自分から彼女に別れを告げたのに、心残りが残ったままの風磨くん
切なさを募らせながら歌う姿が風磨くんのセンスの塊で作られた世界観に包まれてずるい…
風磨くんへの好きが溢れ出そうで、古臭い言い方だけど「恋焦がれる」って気持ちが分かるような感覚…(青春フェチの風磨くんなら分かってくれるはず…)
最近履くことが多くなったタイトなジーンズに白パーカーに緑のスカジャン(?)着て出てきた風磨くん、まじで女の子。途中からセンステだったけど、ずっとメンステでパフォーマンスしてた方が雰囲気的には味も出るような気がしました。
風磨くんのセンスはずば抜けた天才質だから毎度ソロの演出が楽しみです。
 
 
 
 
 MC
 
Sexy Zoneの面白い×2、MCトークコーナー
 
 
ライブどう?って話を振られたマリちゃん
 
(* '-')楽しい!あっつい!みんな可愛い!
(o´ω`o)なにその小学6年生の作文みたいな
(* '-')僕日本語下手くそになった…
(o´ω`o)あんなに流暢に喋ってたのに?
(* '-')りゅうちぇる?
(o´ω`o)お前もちぇるちぇるランドかよ
 
マリちゃんはマリウスファンタジーランドでしょ!?!?移住してないよね!?!?
 
うちのマリウスはジェンダーレスの先駆けですと言われ、
 
(* '-')ジェンダーレスってなに?
(o'ω'o)女の子の服着てたりとか…
(* '-')ユニセックスってこと?
(☆u∂)まぁそんな感じ
(* '-')みんなも着てるじゃん!小さいから!
 
マリちゃん…セクゾちゃんたちは小さいというより細いんだよ…
 
(o´ω`o)松島!言われてんぞ!!
(。 ^∪^)小さくても頑張って生きてんだよぉーー!!!!!
(* '-')聡ちゃん顔真っ赤ー 梅干しぃ〜〜〜〜!!!!
(。 ^∪^)ワーーーーーー
(* '-')Why Japanese people!!(って聞こえた)
(。 ^∪^)っ!!!(発音良すぎる英語にビビり、) ジャーーーーーーー!!!!!!
 
聡マリの喧嘩平和かよ〜(涙)
擬音語でしか返せない聡ちゃん天才かよ〜(涙)
 
 
頭をよぎったこれ↓↓
 
f:id:sumile_smile:20160429003329p:image
 
 
聡ちゃんとマリちゃんの喧嘩はマリちゃんの英語で収まるというか、マリちゃんが勝つというか、聡ちゃんが降参するというか、、(笑)
 
 
 
 
ハルチカの宣伝になって、
 
(☆u∂)はちゅ、、(初主演)
(o'ω'o)はちゅ?!え!?ちゅ!?
 噛んじゃった勝利さんにものすごい勢いで寄り添ってほっぺつんつんし始めた健人くん、オタクと負けないくらい強火勝利担…
勝利さん恥ずかしくなっちゃって照れて下向くんだもん。確信犯だよね。
終いには、「うるさいなぁ」ってほっぺをほんのりピンク色に染めて言ってくるんだよ!?
 
 
ちゃんと宣伝した後、
 
(o´ω`o)台本の最後のセリフって教えてもらえませんかね?
(☆u∂)ダメでしょ!(笑)一番大事な所だわ!!(笑)
(o´ω`o)あ〜マリウスダメだってさー
(* '-')なんでぼくのせいにするのー!
 
 
この流れ可愛すぎ!!!
忠実な勝利くんに悪ガキ大将の風磨くんにふてくされてるマリちゃん。みんなまるっと愛おしいぜ〜
 
 
 
ところで、ところで、誰でしょうか。
ハルチカの宣伝の最後にボソリと
「面白みのスパイスをね。」
って言った人!!!!!!!
 
いいよ!!いいよ!!言葉のチョイスが昭和っぽくて、ジジくさくて、好き!!そうゆうの好き!!どんどん出して行こう!!
 
健人くんか勝利くんのはずなんですけど、2人ともおじいちゃん気質だからな…
 
そして、撮影どうだった?って聞かれて、
(☆u∂)若いっていいね〜
って答える19歳の男の子を目の当たりにして開いた口が塞がらなかった…。出汁をお湯で割って飲んだり、時間は俺が決めるって宣言したり、チョコミント味のアイス好きだったり、なかなかのハイセンス(笑)
 
 
 
ラジオやテレビ出演の宣伝の度に拍手してくれるお客さんたちに、
 
(☆u∂)ペンライト持ってたり疲れてるのに拍手してくれてて…ね、ありがたい
(o´ω`o)今日なんかすごいいたわるね。そこが良いところなんですけどねー
(☆u∂)そうなんですよね〜
 
 
ボソボソっと繰り広げられた、さときく(ふましょり)ワールド!!!!
「キャーー!」ってならなかったから大半の人聞き逃しちゃってるんじゃないかなって。じゃれ合うなら大きい声で!!←これ大事!!!
 
いきなり勝利さんにデレた風磨くんどうしたのか…さときく逆だったらよくありそうなパターンなんですけどね…さときくミステリアスゾーン…
 
 
さときくバンザイ〜〜\(^-^)/
 
 
 
素晴らしいさときくありがとうございますほんとに(土下座)
 
 
 
 
 
 
〜最後の感想〜
 
今回のコンサートは例年に比べてセットがとてもシンプルでした。その分、様々な魅せ方が出来てたように思います。5人がSexy Zoneとして立つステージは私が今まで見た中で一番キラキラしていて、最強で、最後のスクリーンに映された、
『みんなの笑顔と  
        5人の笑顔が  
      咲き続けますように』
この言葉が私の心に染み渡りました。会場からは拍手が起り、みんなの気持ちが一つなった場面でした。
“We are Sexy zone”の言葉を聞いた後の5人の嬉しそうな幸せそうな笑顔が一生忘れられません。
 
 
大好きなSexy Zoneの笑顔が
  永遠に続きますように…
 
 
 
 
2016.04.23