小さなしあわせの花

〜かわいいは正義である〜

“Sexy Zone” 今の姿まで…


セクゾン事変を振り返ります


最近のSexy Zoneは以前に増して可愛くなり、キラキラ輝いていて、カッコよく大人になったように思います。だから今は凄く幸せに感じています。これ以上にないくらい。
けれど、たまにふと、これでいいのかな、このまま何食わぬ顔で過ごしていていいのかな、って思う時があるのです。

2014年7月15日
この日、『Sexy Zone新曲大発表会in代々木』と称されたリリースイベントがありました。記憶はやや曖昧なのですが、当日は佐藤中島菊池の3人での出演になるということは前もってお知らせ頂いてたと思います。そのため私も、私の周りのファン(お友達)も、「きっと聡マリは学校だったんだよ!ね!そうだよ!」って根拠も何もない理由を付けて自己解決をしていました。勝利くんだって聡くんと同じ高校生だったのに…余裕が無かったのかもしれません。イベント自体は無料だったのですが、参加方法として曲名も何も分からない代々木Ver.の新曲を予約するというものでした。3人だけでの新曲になると言う前に買わせる商法で、きっと売り上げが伸びないと分かっていたんでしょうね。

それから新曲大発表会であるリリイベが幕を開け、BADBOYSと新曲を歌い、私が入った部では公開記者会見がありました。女性アナウンサーの「今日松島くんとマリウスくんのいない3人ですが…」という問いかけに、「今回の収録は3人のみです」との答えが返ってきて、皆唖然ととしていました。会場は「えぇーーー!!」と驚きを隠せないようで、ざわついて。彼らも複雑ではあったと思いますが、それまでにきっと自分たちで向き合って、前向きな気持ちや精神を持ってファンの人たちに伝えてくれたんだと思います。しかし、ここまで批判されるとは思っていなかったんでしょうか、少し焦っていたようにも思えました。本当に今回だけになるかも分からない中、「今回だけ」と頑なに言い続けてくれたのも、少しでも私達ファンを安心させたかったんでしょうね。そんな中、「可能性を広げたい。」「5人が集まったら最強になれる。」そうやって言ってくれた風磨くんが、凄くカッコよくて、批難の声を浴びると分かっていても、「信じて」と言ってくれた風磨くんが、本当に素敵でした。

私が“再編成”というのを知ったのはイベントの翌日の朝のエンタメニュースでした。聞いていなかっただけなのか分かりませんが、きっとイベント当日は再編成ということは言っていなかった気がします。メディアによって伝えられた事が凄く悲しかったです。目の前に映る“再編”、“流動的”という言葉をうまく受け入れることが出来ませんでした。信じ難いその現実を素直に飲み込める人がいたのでしょうか。耳を疑い、目を凝らし、手にリモコンを持ちながらテレビに張り付いていた7月16日。
まるで、聡くんとマリウスが力不足とでも言うかのようなエンタメの説明に腹を立てた記憶もあります。何がいけなかったのか、何が足りなかったのか、考えても考えても分からず、ただただ「なんで?」と思うばかりでした。

3人はいつまで「今回だけ」だと聞かされていたのでしょうか。それとも、それは安心させたかったための優しい嘘だったのでしょうか。
多くの人がその言葉を頼りに信じてきた「今回だけ」は呆気なく壊されてしまいました。

健人くんの主演ドラマ『黒服物語』の主題歌「君にHITOMEBORE」

すごく大人っぽい曲調で、今までのSexy Zoneには無いタイプの新曲でした。「今回だけ」という言葉から「今回は大人っぽい曲なので」に変わり、先が見えなくなるように感じてきました。

次第にBSプレミアムのザ・少年倶楽部への出演も減り、聡マリのいない少クラが続くようになりました。少年収がある度に聡マリの生存確認がされていた気もします。笑
雑誌でも5人一緒の撮影はなかなかなかったり、バラエティーでもいつも3人でした。それでも、聡マリは確実に大きく成長していました。ダンス、歌、トーク、こんなに広かったっけ…って思うくらい大きくたくましい後ろ姿になっていました。

3人曲の3枚目Cha-Cha-Cha チャンピオンも、バレーも、Jrと同等の扱いにも感じられたけれど、どこか前向きに考えることが出来ていました。大きな変わり目は特にありませんでしたが、1年間積み上げてきたメンバーからの“信じて”が、私の心にそっと支えになってくれていたのだと思います。不安や辛さや苦しさは消えないけど、最強の5人を知っているから、5人に戻る時がおばあちゃんになっていても構わない!その一心でした。
泣いた日もありました。
周りのファンだった人も担降りをし、他のグループに目を向けるようにもなりました。
感じ方や捉え方は人それぞれだったはずですが、口を揃えて言えることは「5人のSexy Zoneがいい」でした。





__今、Sexy Zoneは5人でテレビに出て、5人で雑誌に載り、5人でラジオをやり、5人で歌っています。




とても幸せです。こうして最強のSexy Zoneが進化したこと。




でも、幸せと幸せが積み重なって、いつかあの頃の辛さを忘れてしまうんじゃないかって不安になるのです。再編成が発表された時のことを忘れたり、その状況に慣れてしまうことが一番恐れている事でした。いつまでもうじうじしてんなよと思う方もいるかもしれません。しかし、引きずることと、風化を恐れることは違うと思っています。消してはいけない、忘れてはいけない事実だから。



だから私はここに記しました。





5人の笑顔が永遠に続きますように。







2016.04.10